gototopgototop

有償減資と均等割

 

資本金の減少の際、株主に対して金銭なのど支払いを行う場合を

 

 有償減資 といいます。

 

会社法では、減資は無償減資を想定しておりますが、有償減資が出来ないわけではなく減資と剰余金の配当を同時に行うと考えます。

 

 

地方税均等割額は、会計上の資本金ではなく税務上の資本等の額によって決まりますので

 

ちょっとマニアックですが、有償減資の場合どの程度に落ち着くかエクセルで自動計算ができるエクセルシートを作成してみました!

 

 

自己責任でお使いください!

 

 

 

↓こちらをクリックしていただくとダウンロードできます↓

 

alt

ふるさと納税と土地の売却益

 

よく言われているふるさと納税の控除限度額について

 

 

不動産の売却利益(分離課税の譲渡所得)があった場合などには控除限度額が大きくなります

 

 

所得税率等は、譲渡した年の1月1日現在の所有期間

 

 

5年以下で売却した不動産の売却益(短期譲渡所得)は、

 

「 所得税率30%住民税率9% 」

 

 

5年を超えて売却した不動産の売却益(長期譲渡所得)は

 

「 所得税率15%住民税率5% 」 

 

 

 

となりますが、限度額計算には注意が必要です。

 

 

エクセルで補完計算式を入れてみました!自己責任でお使いください。

 

↓こちらをクリックしていただくとダウンロードできます。↓

alt

さらに記事を読む...